2017年3月26日(日)~4月2日(日) 8日間・50時間   in 神戸・元町


フランス人の陰ヨガティーチャーである、
セバスチャン・プセル先生と、ミュリエル・ブレリエル先生をお招きし、8日間、合計50時間の、陰ヨガ・ティーチャートレーニングを行います。

このティーチャートレーニングは、陰ヨガの実践とともに、
解剖学にも重きが置かれています。

陰ヨガを伝えていきたい人だけでなく、
解剖学の知識を深めたい人、
瞑想的なヨガを深めたい人にとっても、有意義な時間になると思います。


セバスチャンと、ミュリエルは、
数々の種類のヨガを経験する中で、陰ヨガにも出会い、
サラ・パワーズ、ビクター・チャン、ポール&スージー・グリリーといった、
陰ヨガの指導者たちから学びを深めていきました。


特に、陰ヨガの第一人者であり、
ヨガの解剖学の分野においても有名な、ポール&スージーのもとで、
アシスタントをしながら学びを深めました。


セバスチャンは、ヨガの他にも、
武術、指圧、仏教をベースにした瞑想などにも造詣が深く、
広い知識をベースに伝えています。 知的で、論理的で、教え上手な先生です。

2人は、アジア・ヨーロッパなど、
世界各地で、この陰ヨガのティーチャートレーニングを行っていますが、
日本では、2016年3月に続き、2回目の開催となります。


クラスは、英語で行われますが、日本語への通訳がつきます。

多彩な写真、図解、映像を駆使して、
難解な解剖学を、わかりやすく伝えてくれる先生は、
世界でも貴重な存在だと思います。

骨、筋肉、結合組織などの知識を、
陰ヨガの実践を通して、体で感じ、
自分の肉体のイメージが確固たるものになると、
アーサナが自然に深まっていきます。

自分の骨格の特徴を知るとともに、
人によっての、骨格の違いを理解できると思います。


私(ぬん)も、昨年セバスチャンたちの講座を受けて、
自分の骨格にどんな特徴があるか、よく理解できました。

自分が得意と思っていたポーズは、実は、生まれつきの骨格のおかげで、
みんなにはむずかしいということがわかったり、

それぞれの骨格特徴によって
どんなポーズがやりやすく、どんなポーズが難しいのか、
大分、理解できるようになりました。

それ以来、ヨガの指導をする上でも、
生徒さんそれぞれの、無理のない形を、アドバイスしやすくなっています


また、陰ヨガは、瞑想的要素
この講座を通して、
自分の内側の静けさに触れ、

自分の内なるおだやかさに浸れるのではないかと思います。



 
陽スタイルのヨガが注目されてきたヨガの世界で、近年陰ヨガの人気は急上昇しています。

ここ数年、セバスチャンとミュリエルは、
癒しと瞑想の陰ヨガを分かち合い、
指導するための彼ら独自の陰ヨガTTプログラムを追求し、 
アジアやヨーロッパを旅しながら数々の陰ヨガワークショプを行ってきました。

自分の可能性を明らかにし、ヨガへのインスピレーションを洗練するために、
実践と指導スキルに差をつけ、バランスを取り、向上させるために、
セバスチャンとミュリエルのTTにぜひ、ご参加ください。







《セバスチャン&ミュリエルからのメッセージ》


We are very keen to come to Kobe in Nun San new studio to offer our YYTT level 1 to Japanese Yogis.
We found Japanese practitioners naturally resonating with the introspective and quiet practice of Yin Yoga due to their perceptive nature.
This is a really special event, come and join us to be a part of this inner journey and heartfelt experience.

Namaste

私達は、ぬんさんの新しいスタジオでの日本のヨギニ達に向けたティーチャートレーニング開催で、神戸への来訪に気分も高まっています。日本のみなさんは、自然への感覚が鋭く、内省的で静かな陰ヨガの修練に自然に共感されると思います。
このTTはとてもスペシャルなイベントです。内なる探求と深い経験を共に分かち合いましょう。

ナマステ

Sebastian & Murielle






公式ウェブサイト(英語)→http://with-yinyoga.com/



コンセプト
陰ヨガには体と精神を変容させる効果があります。
結合組織への静かで持続的な刺激は、
長期的な健康と関節の柔軟性を促進し、
体のエネルギーシステムを回復させ、
そして自然な形で、精神をリラックスした瞑想的な状態へ引き寄せていきます。
さらに、長時間の瞑想を実践するための体と精神の準備にも繋がります。

セバスチャンとミュリエルの陰ヨガTTは、
ヨガ、老荘思想、そして仏教のコンセプトについて、
それぞれの本質を熟考し解釈できる内容になっています。

全体から微細へ、個々の呼吸と意識に対する明確な作用・修正・変容の修練として、

体と精神を結合させながら、個々の異なる側面への気づきを育むと彼らは信じています。



内容
セバスチャン&ミュリエルの陰ヨガティーチャートレーニングは、
モジュール1から、モジュール4まで、各50時間ずつ、4つのセクションに分かれています。

今回実施するティーチャートレーニングは、モジュール1になります。
モジュール1は、陰ヨガの基礎を学ぶとともに、
陰ヨガの理解に重要な、解剖学に重きが置かれています。

〈実践〉
・陰ヨガ 20のメインポーズ練習(バリエーションも合わせた習得)
・17の移行ポーズ練習(陰から陽へ移行しながらのセッション作成)
・陰ヨガアシスト実践の探求とシェア(とても体が硬い人、怪我をしている人への実践)
・呼吸する体の育成(穏やかなマインドへ導きながら)

〈解剖学〉
・14の骨格区分(人間の体の独自性を理解する)
・脚と胴体の筋膜マンダラを使う(ヨガの機能的アプローチの発達)
・緊張に対する収縮&骨格バリエーションを理解する(全てのアーサナの限界)
・陰ヨガ実践の効果を学ぶ(解剖学的、エネルギー的な効果とそれらがどのように健康を向上させるか)
・陰ヨガの実践に関連する結合組織の役割を理解する(現代の経絡思想とエクササイズの原理)

〈指導メソッド〉
・陰ヨガアプローチの知識と理解(陰ヨガの「静的」スタイルと陽ヨガの「動的」スタイルの違いを学ぶ)
・陰ヨガの有用性の効果的な伝え方(哲学/作用&美的感覚)
・陰ヨガシークエンスのスキルの獲得(解剖学的観点からクラスをデザインする)
・気づきの9段階を使う(自身の実践へ作用し、指導へ導く)
〈哲学〉
・古の教えを学ぶ(Shravana, Manana, Nididhyasa ,Yoga Citta Vritti Nirodha)
・陰プラクティスの真理(実践の最重要事項と質)
・ヨガの道を明らかにし、定義づける(精神世界のシステムとして)




対象
・ヨガ指導者、もしくは少なくとも2年以上のヨガ経験がある方
(陰ヨガ経験は問いません)
・解剖学、気の思想、哲学、及び瞑想について熱心な興味がある方
・学びの精神、実践を深めようとするやる気のある方
(2年以上のヨガ経験がない方でも、やる気のある方は相談に応じます)

日時   
                                       
2017/3/26(日)〜 4/2(日)8日間

場所
space わに

杉の無垢材の床と、しっくい壁の、心地よい空間です。

〒650-0004
神戸市中央区中山手通3-15-11 2階

・JR 元町駅(東口)より、鯉川筋を山側へ、徒歩10分。
・阪急 三宮駅(西口)より、徒歩12分。
・地下鉄 県庁前駅(東1または西1出口より、徒歩8分。

(歩き方)
元町駅東口から、鯉川筋(太い道)を北上(山に向かって歩く)
突き当たりのコープから、さらに細い道を北上。
次の交差点の手前、右側の、こげ茶の建物です。
(セブンイレブンと、郵便局を超え、ポロニア美容室の向いです)

1階の車庫から奥に入り、奥の扉から入り、階段を上がって2階です。



◆自転車で来られる方へ

近隣に、駐輪できるスペースがありません。

申し訳ないのですが、自転車で来られる場合は、

山手幹線沿いなど、自転車が停められる場所から、歩いてお越しください。


◆駐車場(パーキング)について
「spaceわに」の近辺にコインパーキングがあります。
詳細はこちらをご覧下さい







定員
15-30名程度

費用
150,000円
《早割》 
140,000円(2016/12/16 までのお支払い)
145,000円(2017/2/17 までのお支払い)

〈キャンセルについて〉
キャンセルのご連絡をいただいた日に応じて
以下の通りキャンセル料が発生いたします
(入金済みの場合は、以下を差し引いて返金いたします)


2017/2/24 まで : 20,000円
2017/3/17 まで : 40,000円
2017/3/25 まで : 80,000円
当日: 全額

参加のお申し込み & お問い合わせ

♦お申し込み→こちらのフォームからお申し込みください

♦お問い合わせ→こちらのフォームからお問い合わせください



主催
spaceわに

講師&スタッフ
セバスチャンとミュリエル、およびスタッフについては、こちらのページをご覧下さい

1日の流れ
※スケジュール変更の可能性あり

8:00 - 8:30  瞑想
8:30 - 8:45  休憩
8:45 - 11:45  セッション1 実習と講義
11:45 - 14:00  ランチ休憩
14:00 - 17:00  セッション2 講義と実習

《持ち物について》
♦ヨガマットやブロックは、スタジオのものを自由に使えます。
また、8日間、ヨガマットや道具を、スタジオに保管することも可能なので、
自分のものを使いたい方は、ぜひご持参ください。